高い技術力と経験とノウハウによる効率的な作業でビルやマンションなどの大規模案件もお任せください。

ビルやマンションアンドの大規模修繕も

「我が家もそろそろ塗り替えが必要な時期なのかぁ?」「ところどころ老朽化が目立ち始めているけれど、これって危険じゃない?」…などなど、なかなか一般の方には塗り替え時期はわかりにくいものです。目に見えないところで放っておくと生活に支障を来たすような危険が潜んでいるかもしれません。
いまご自宅が塗り替えが必要な時期なのか、ざっと判断する目安を上げてみました。一口に「建ててから何年経過したら塗り替え」という基準があればよいのですが、お住まいの立地、陽当たり、塗装の種類・工法などによって塗り替えの時期は大きく異なります。お住まいの周りをぐるっと回って、まずは自己判断してみてください。以下のような症状が出ていたら要注意です!少しでも気になる点がありましたら、当社の外壁診断のプロが無料で診断いたしますので、お気軽にご相談ください。

雨漏り コケや藻の発生 雨樋の詰まり チョーキング コーキング割れ 塗装のひび割れ・亀裂
雨漏り
雨漏り

雨漏りや雨漏りによる「しみ」の発生は、生活の不便さや見た目の悪さだけでなく、建物の骨組みそのものを劣化させるという意味でもとても深刻な問題です。しかも、雨漏りやしみの発生した場所から離れた、思いもよらない部位が原因となっていることもしばしば。急いで原因を突き止め、すぐに対処する必要があります。

コケや藻の発生
雨漏り

外壁や屋根のカラーベストなどでは、水はけが悪い場合、表面にコケが生えてくることがあります。表面部分だけにコケが生えた状態なら、美観上の問題なのでそれほど緊急度は高くないと言えるかもしれません。ただし、例えば屋根スレートの隙間に水が溜まっていることが原因の場合には、そこから浸水している危険性が高く、修繕の緊急度も大きくなります。

雨樋の詰まり
雨漏り

塗装そのものではありませんが、屋根の塗り替え工事に関連してくるのが雨樋です。雨樋の勾配が適切に取られていない場合や落ち葉が多い場所などでは、雨樋に土や葉が詰まってしまっている状況がよく見られます。雨樋が詰まって雨水がきちんと排出されないと、あふれた水が建物に浸入してしまうなど悪影響を及ぼします。屋根を確認する際には、雨樋の様子もご確認ください。。

チョーキング
雨漏り

外壁などに触れると手に塗装の色がつくことをチョーキングと呼びます。チョーキングは塗料の劣化を示す症状の1つで、防水性や紫外線から保護する機能など、塗料の性能が低下しているために起こります。放置すれば、壁面素材の傷みにもつながります。ただし、建物内部に直接雨水が浸入するというわけではないので、ひび割れやコーキング切れに比べると緊急度は低いと言えます。

コーキング割れ
雨漏り

外壁に用いるサイディングの継ぎ目(目地)部分では、コーキングと呼ばれるシール材を隙間に埋めて処理しています。このコーキングは時間の経過と共に硬くなり、やがてひび割れや収縮が生じてきます。ひび割れや収縮が起きると、そこから雨水が浸入して建物の骨組みを傷める原因になります。すぐ対応しておく必要があります。

塗装のひび割れ・亀裂
雨漏り

モルタル塗りの外壁面やサイディング材に割れやひび割れが発生することもあります。大きな割れはもちろんのこと、小さなひび割れでも雨水が浸入すれば建物に大きな被害をもたらします。すぐ対処する必要があります。

サイディング塗り替えの常識を変える 外壁2色塗装
採用情報はこちら
ページ先頭に戻る
サイディング塗り替えの常識を変える 外壁2色塗装